トラブル別の療法食
高齢猫向け

トラブル別の療法食

猫の病気のトラブルに合わせた餌というのは療法食と呼ばれていてこれは猫の病気によって決まるものなのです。
例えば猫によって食べ過ぎが災いして肥満気味になってしまったり、腎臓を悪くしてしまった猫はそれに合わせた肥満用キャットフードの療法食が必要です。
キャットフードの療法食と聞くと特別な感じがして高額にように思えますが、これはかかる獣医さんによっても違いますし一概にいくらとはいえません。

しかし獣医さんが処方してくれるのですから安心してお任せできますし、猫が健康状態に戻るまでの間だけの食事です。
そして腎臓病気味だとしたらそれに合わせた療法食を出してくれて肥満気味だとしたら肥満専用の餌を療法食として処方してくれるので安心できますね。
金額も普通のキャットフードと多少の違いくらいですからあまり高いものでないことは確かですし愛猫の健康を考えれば安いものですね。

療養食というのは病気の状態が重い猫用ですからこちらのものになると金額も変わってきます。
そして療法食とは普段信頼しているかかりつけの獣医さんがしっかりと愛猫の健康状態を診断した後にその獣医さんで出してくれるでしょう。
このように獣医さんはプロですから素人の判断で猫の健康を損なってしまうようなことは避けるのが賢明ですね。

このページの先頭へ